2010年02月21日

面接マナー

(1)身だしなみ

社会人として相応しい服装は絶対条件です。昨今は、IT企業などで私服的な服装も多いですが。よりビジネス的な服装を心掛けて下さい。髪型についても、きちんと整えた状態でなければなりません。私が面接官として多くの求職者の面接をしてきましたが、この服装のだらしなさだけで悪い印象を持ったことが多々あります。自分の人生を決める転職活動においては、しっかりと身だしなみには気を使いましょう。あと、冬場はコートを脱いでから受付に入ることも忘れずに。

(2)時間

面接時間に遅れることは致命傷となります。面接時間の5分前に受付に入るのがベストです。遅刻は問題外ですが、あまりにも早すぎる訪問もよろしくありません。面接時間を守るということは、ひとつの約束を履行したことになります。約束を守ること自体が当たり前の事であって約束を守れないという印象を与えてはなりません。面接場所には早めに到着して場所を確認し時間調整をしてぴったり5分前に伺いましょう。あと、受付の方にも気を抜かないように。実は、受付の方が人事関連の社員で実は受付対応から採用可否の判断を行っている会社もあります。

(3)面接

面接開始時点と面接終了時点ではきちんと挨拶をしましょう。面接開始時点「貴重なお時間をいただきましてありがとうございます」、面接終了時点「本日は貴重なお時間をいただき面接していただきまして本当にありがとうございます」この面接開始・面接終了の挨拶が出来る人が少なくなってきている傾向にあります。真摯な態度を表現する上でも挨拶はきちんと行いましょう。面接の最中では、背筋を伸ばし正しい姿勢で面接官に対して真っ直ぐに向き合うようにして下さい。会話については、明るく元気にハキハキとしっかりとした口調であることが大切です。年齢問わず、自分が学生から社会人になった時の新入社員の頃を思い出して、当たり前の正しい態度で面接に望みましょう。



サイトマップ

転職ノウハウ TOP

転職活動準備
転職する前に
自己分析
キャリアプラン
応募企業・職種の選定

転職ツール
転職サイト
転職エージェント
新聞紙
ハローワーク

応募書類準備
志望理由書
履歴書
職務経歴書
自己PR資料

面接対策
面接マナー
面接心構え
面接テクニック

退職・入社準備
退職申告
保健・税金手続き

転職関連の書籍
転職本
人生観・職業観の本

posted by 平蔵 at 14:08| Comment(0) | 面接マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。