2010年03月14日

志望理由書

志望理由(=その会社に入りたい理由)を明確に整理して、事前に求人企業に伝えることは大きなメリットとなります。志望理由書の作成は必須ではありませんが、自分の志望理由を棚卸しし、面接等での質問対対策にもなりますので。ぜひ、この求人企業には入社したい!と思った際は作成しましょう。

私が志望理由書を作成した際のポイントは下記となります。

自分の経験した(1)業種(2)職種(3)職務(=仕事内容)と、提出する求人企業の業種・職種・職務(=仕事内容)を研究して、その合致点を文章にしていました。ようは、その求人企業の(1)業種を望む理由(2)職種を望む理由(3)職務(=仕事内容)を望む理由。それらを書き起こすだけですので大変な作業ではありません。ただし、自分の経験とは全く違う求人企業に提出する場合は、夢や想いなどの自分の将来目標と重ね合わせないといけません。ぜひ、頑張って!志望理由書を作成してみましょう。



サイトマップ

転職ノウハウ TOP

転職活動準備
転職する前に
自己分析
キャリアプラン
応募企業・職種の選定

転職ツール
転職サイト
転職エージェント
新聞紙
ハローワーク

応募書類準備
志望理由書
履歴書
職務経歴書
自己PR資料

面接対策
面接マナー
面接心構え
面接テクニック

退職・入社準備
退職申告
保健・税金手続き

転職関連の書籍
転職本
人生観・職業観の本

posted by 平蔵 at 17:48| 志望理由書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。