2010年03月14日

応募企業・職種の選定

自己分析・キャリアプランのステップが終了すれば。次は、応募企業・職種の選定です。就きたい仕事の職種は具体的であっても、企業まで明確にするおとは難しいと思います。入社したい企業が求人募集がなければ入社できないわけですから。。。となると、応募企業・職種の選定は、実際の転職活動に入った段階から絞り込んで行くことになると思います。

そのためには、下記転職ツールを利用して情報収集から始めましょう!

【転職サイト】

リクナビNEXT
DODA(デューダ)
[en] 社会人の転職情報
マイナビ転職
ジョブエンジン
イーキャリア
日経キャリアNET

※本ブログ:『転職サイト』に詳細説明あります。

【転職エージェント】

リクルートエージェント
DODA転職支援サービス

※本ブログ:『転職エージェント』に詳細説明あります。

【転職エージェント集合サイト】

人材バンクネット
[en]転職コンサルタント
イーキャリアFA

※本ブログ:『転職エージェント』に詳細説明あります。

情報収集の過程で、求人企業とのやりとりや転職エージェントとの面談の中で、自分ひとりで行ってきた自己分析・キャリアプランが研ぎ澄まされてきて、より明確かつ具体的に自分が望む求人企業・職種が見えてきます。最初からピンポイントで希望する企業へ入社できるケースが稀であり、実際の転職活動の中でこそ、自分の新天地との出会いがあります。ひとつひとつの情報収集を大切にしながら、自身の望む企業・仕事をみつけて行きましょう!



サイトマップ

転職ノウハウ TOP

転職活動準備
転職する前に
自己分析
キャリアプラン
応募企業・職種の選定

転職ツール
転職サイト
転職エージェント
新聞紙
ハローワーク

応募書類準備
志望理由書
履歴書
職務経歴書
自己PR資料

面接対策
面接マナー
面接心構え
面接テクニック

退職・入社準備
退職申告
保健・税金手続き

転職関連の書籍
転職本
人生観・職業観の本

posted by 平蔵 at 18:31| 応募企業・職種の選定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。