2010年03月20日

面接心構え

面接の心構えとして、とても重要な事は『面接官も人間である』ということです。面接官も人間である限りにおいては、好きか?嫌いか?の感情的な側面での判断をしてしまいます。どんなに優れたキャリアの持ち主であっても挨拶できない。態度が悪い。言葉使いが悪い。では採用に至りません。人間関係の原理原則をしっかりと行ってください。

●明るくハキハキとした受け答え
●面接官の話をしっかりと聞く
●返答は、簡潔に結論から話す
●etc

上記の人間関係を築く原理原則をしっかりと行いながら、明確なキャリアの説明と自分がこの会社で働きたいという志望理由などを真摯にお伝えして最終的に。面接官に『あなたと、ぜひ一緒に働きたい』と思っていただくことが大切です。

あと、面接前の企業研究が充分でない人が多い気がします。会社概要・事業内容・設立・資本金・従業員数・取引先企業・商品サービスの内容理解・会社ブログ・などなどの企業研究をしっかり行っていれば。事前に会社情報を持っているだけに面接官とも円滑な会話が出来ます。



サイトマップ

転職ノウハウ TOP

転職活動準備
転職する前に
自己分析
キャリアプラン
応募企業・職種の選定

転職ツール
転職サイト
転職エージェント
新聞紙
ハローワーク

応募書類準備
志望理由書
履歴書
職務経歴書
自己PR資料

面接対策
面接マナー
面接心構え
面接テクニック

退職・入社準備
退職申告
保健・税金手続き

転職関連の書籍
転職本
人生観・職業観の本

ラベル:面接心構え
posted by 平蔵 at 21:45| 面接心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。