2010年03月20日

面接テクニック

面接においては、受身ではなく攻めの姿勢も重要です。面接官が主導権を持っていますが、質問等に対する自分の回答時には必ず自分の売り(プラスとなる事柄)を盛り込みましょう。

●自分が在籍した会社の事業内容等を伝える時には、会社売上規模を伝える。(経営意識があると思っていただくため)
●仕事内容を伝える時には、自分の仕事において最大の実績を思える内容を必ず盛り込む。(自分の売りを個別に大げさに伝えるのではなく仕事内容に盛り込むことでそれとなく伝えるため)
●退職理由は、事前に前向きな内容に置き換えておいて自分から伝える。(採用面接で必ず聞かれる内容なので自分から伝えることでマイナス的な側面を打ち消すため)

※私なりの面接テクニックは適宜追加していきたいと思います。



サイトマップ

転職ノウハウ TOP

転職活動準備
転職する前に
自己分析
キャリアプラン
応募企業・職種の選定

転職ツール
転職サイト
転職エージェント
新聞紙
ハローワーク

応募書類準備
志望理由書
履歴書
職務経歴書
自己PR資料

面接対策
面接マナー
面接心構え
面接テクニック

退職・入社準備
退職申告
保健・税金手続き

転職関連の書籍
転職本
人生観・職業観の本

posted by 平蔵 at 22:23| 面接テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。