2010年03月14日

キャリアプラン

キャリアプランを考える前に、再度、自分の経験してきた『業種・職種・職務(=仕事内容)』を整理してみてください。キャリアプランを考える時に重要になるのが、今までのキャリアの積み上げです。今までの自分のキャリアを理解し、その延長戦上のキャリアを積み上げることで、しっかりとしたキャリアを築ける事となります。ただ、誤解してはいけないことは『職種』だけの延長線上ではありません。

例えば、1社目:精密機器メーカー/技術職→2社目:精密機器メーカー/営業職→3社目:家電メーカー/営業職。1社目:飲食店/店長→2社目:外食産業コンサルティング会社/コンサルタント→食品メーカー/営業職。1社目:家電メーカー/人事→2社目:人材派遣会社/コーディネーター→3社目:教育研修会社/講師。

キャリアプランとは、今までの経験×自分が取り組みたい仕事。自分が今後どのような仕事に就きたいかの目標を持って、その実現のために計画を立てる事をいいます。どのような仕事をして、どのような人生歩んで行くか?を決めるのは自分自身にしか出来ません。自分はどんな仕事をしたのか?どのような業務に携わりたいのか?将来のビジョン(夢)を見据えて計画を立てて、その実現に向けて努力し実行することはとても重要なことです。

自己分析を行い、その自己分析の延長線上に描く、自分が就きたい仕事をまずは書き出してみましょう。そして、今までの経験×自分が取り組みたい仕事をパズルピースのように組み合わせてみながら、しっかりとしたキャリアプランを構築してみてください。このキャリアプラン構築の過程では、業種情報・職種情報などが必要になってきますので、ある程度の時間がかかっても真剣にキャリアプランを考えることをお勧めします。

自己分析:自分の経験の棚卸し
キャリアプラン:自分の経験×仕事における夢・目標

本当に安易な転職には良い結果は生まれません。転職を心に決めた日からまず取り組むべき事は、自己分析・キャリアプランです。この作業は時間のかかる作業となりますが、自分の人生を決める転職活動において必要な取り組みですので、しっかりと頑張ってみてください!



サイトマップ

転職ノウハウ TOP

転職活動準備
転職する前に
自己分析
キャリアプラン
応募企業・職種の選定

転職ツール
転職サイト
転職エージェント
新聞紙
ハローワーク

応募書類準備
志望理由書
履歴書
職務経歴書
自己PR資料

面接対策
面接マナー
面接心構え
面接テクニック

退職・入社準備
退職申告
保健・税金手続き

転職関連の書籍
転職本
人生観・職業観の本

posted by 平蔵 at 12:49| キャリアプラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。